So-net無料ブログ作成
検索選択

クレイジージャーニーに全米一のサーカス団員の岩佐麻里子さんが出演 [テレビ]

クレイジージャーニーで、本場アメリカで挑むサーカスの旅が放送されました。

全米ナンバー1サーカスで戦う岩佐麻里子さんをゲストに招きサーカス団での生活が紹介されました。


スポンサーリンク





岩佐麻里子さんが所属するサーカス団・RING LINGブラザーズは、創設146年の伝統を誇り、来場者は、年間180万人にのぼりアメリカ一のみならず世界一のエンターテイメント集団でもあります。


現在所属するこのサーカス団では、一年に一回契約の更新がありいつ首になるかわからないシビアな世界なのだそうです。


つねに結果を出し続けなければいけない環境で、岩佐さんは2012年から現在までこのサーカス団に所属し活躍されています。


28歳のときに、漠然とした気持ちでニューヨークに渡り、知り合いから進められたサーカスのオーディションを受けて合格したのがきっかけなんだそうです。


サーカストレインでの生活


番組では、サーカストレインというサーカスの団員の移動と居住のために使われる列車が紹介されていました。


岩佐さんが所属するRING LINGブラザーズでは、300人を超す団員が一緒になってアメリカを巡業しています。


その巡業は、年間50都市、400公演以上になり、サーカス団員たちは一年の大半を列車のなかで過ごすことになるのだそうです。


この列車は、全90車両あり、岩佐さんらの団員にはひとりひとりにキッチンが付い部屋が割り当てられ食堂車もあるのだそうです。


全体の30車両が居住用の車両で、残りの60両は、サーカスの機材などを運ぶために使われているのだそうです。


岩佐さんは、この列車で各地を移動しつつ公演先の地元のカフェなどを訪れネタを考えたりするのが日課のようです。


岩佐さんのこのサーカストレインでの生活はもう三年ほどになるのだそうです。


サーカス会場の舞台裏に潜入


今回の放送では、普段なかなか見られないサーカス会場の舞台裏の様子が紹介されていました。


団員の中には家族とともに巡業している人もいるため、その子供たちが学ぶための学校まで併設されているのには驚きました。


団員の人たちはカメラを向けるとパフォーマンスしてくれる人もいて気さくな人が多かったです。


そして、実際のサーカスの映像も流れていましたがお客さんもたくさん入っているしさすが本場アメリカという感じですごかったです。


中国雑技団のショーやバイクを使ったショー、ゾウやトラ・ライオンの猛獣ショーなどスケールも大きくさすがに迫力がありつい見入ってしまいました。


さて、やはり岩佐さんはサーカス団員というエンターテイナーということで、スタジオでの会話など芸人さんみたいなところがありましたね。


オーディションでやったという紙が重くなったときのリアクションをMCの3人の人たちに振ってやらせているシーンはおもしろかったです。


【関連記事】
「クレイジージャーニー」に出演している丸山ゴンザレスって何者?
「クレイジージャーニー」に出演している佐藤健寿とは?謎が多い?
クレイジージャーニー出演、マサイ戦士と結婚した永松真紀さんとは?
ルーマニア マンホールタウンのボス ブルースリーが逮捕!!
クレイジージャーニーの佐藤健寿の意外なプロフィールが明らかに!
クレイジージャーニー出演、裸族を追う美人写真家ヨシダナギのプロフィール等
クレイジージャーニーで佐藤健寿が紹介した台湾の赤い封筒 冥婚が怖い!
クレイジージャーニーで紹介の幻のホワイトカカオ 販売商品等はあるの?
クレイジージャーニーで高野秀行がアヘンの強烈エピソード連発!
クレイジージャーニーで高野秀行がソマリアの現実を語る!丸山ゴンザレスが憧れるのも納得!



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © 気になる最新ニュースをお届けするよ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。