So-net無料ブログ作成

11/20放送のこんなところに日本人 女せいじ 佐藤仁美が南インドで医学を学ぶ素敵な日本人女性と対面! [テレビ]

11月20日放送の「世界の村で発見!こんなところに日本人」で、女優の佐藤仁美さんが日本人探しのため南インドを訪れました。

相変わらず愚痴を吐きながらの旅でしたが、最後には医学を学ぶ素敵な日本人女性と対面することができました。


スポンサーリンク





佐藤仁美さんは、最近ではすっかりおばさん化していて、同じくアフリカントラベラーとして番組に出演している千原せいじさんにちなんみ「女せいじ」という呼び名も使われています。


佐藤さんは過去三回の放送では、カナダ、ウルグアイ、アルゼンチンと訪れていて、この番組ではもうすっかりお馴染の感がありますね。


佐藤さんは、まずはインドのチェンナイへ降り立ちました。


そこから日本人が住んでいるポッテンコードという町を目指します。


さすがに初めてだというインドには手を焼いているようでした。「暑い」「うるせぇ」「くせぇ」とぼやいていました。


バスターミナルでは、バスのチケット売り場が見つからずに、さまよいながら愚痴をこぼしていました。


このときは相当イライラしていたようで、「お前の番組なんか出ないからな」とスタッフと本気でケンカしそうになったのだそうです^^;


インドに手を焼きながらも、最後は、ジャングルのような森の中を進んでいった先に日本人の家を見つけることができました。


そこに住んでいたのは、30歳の日本人女性です。ここには5年ほど住んでいるといいます。


伝統医学を学ぶためにこの地にやってきて、現地の医療大学を主席で卒業されているのだそうです。


インドを訪れたのは、恋人の死がきっかけだったのだそうです。そこでつらい経験を乗り越えインドが救ってくれたという考えもあるようです。


今や、ドクターの資格をとってこれから学んだことを活かし人生をどう切り開いていくかが大事だと意気込んでいました。



今回も旅人の佐藤仁美さんは、インドの環境やインド人に振り回され愚痴をこぼしながらの旅でしたが、その最後には素敵な日本人女性が待っていました。


【関連記事】
佐藤仁美がおばさん化しても好感を持つ3つの理由
世界の村で発見!こんなところに日本人で旧ユーゴの民族問題が取り上げられる
世界の村で発見!こんなところに日本人 せいじがガボンで恋のキューピットになる!
こんなところに日本人 せいじがコンゴで遭遇したサプールとは?
11/13放送のこんなところに日本人 せいじが赤道ギニアに潜入しユニークな日本人夫婦と対面



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 気になる最新ニュースをお届けするよ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。